重量物輸送には必ずといっていいほど輸送先での据付工事が伴います。その際、輸送業者と工事業者が連携しあって役割を分担するわけですが、納期遅れや現場の作業性への配慮が足りないため、業者間のトラブルが発生するケースも少なくありません。宮地は長年の経験の中から、現場の作業性を向上させる輸送方法や工法のノウハウを蓄積。1989年には、一般建設業(とび・土工工事業、機械器具設置工事業)の許可を受け、輸送から据付工事までをトータルに手掛けられる体制を整えています。一貫受注で責任をもって遂行しますので、依頼主に信頼性の高い業務とより大きな安心を提供でき、また全体としてのコスト低減につながるなど、付加価値の高いサービスを可能にしています。

 

 関西国際空港二期工事

  岬町JV殿向け
  60-109型ジャイレイトリィ・クラッシャー据付

 

  阪神サイロ殿向け
  荷揚設備製作・据付


 

 関西国際空港二期工事

  岬町JV殿向けシップローダー据付

 

  大阪南港トンネル(沈埋凾)

   Vブロック鋼殻据付・沈埋凾鋼殻据付
   及び1,200トンコロ引き

 

 MCターミナル殿向け移設タンク移設


 

  百舌鳥八幡宮絵馬殿コロ引き