「これ以上重くなると運べない」「いくら何でもこんなに長いものは無理だ」etc.
宮地運送では、こんな言葉は絶対に聞こえません。「出来ない」と言ってしまうのは簡単です。
しかし、安易にあきらめたりせず、「どうしたら出来るのか」という戦略的発想で取り組むことが大切なのです。
道路の物理的状況が可能な限り、工夫すれば必ず運べる−それが宮地のチャレンジスピリット。宮地は、あらゆる重量物輸送を可能にする対応力と機動力で、すべての顧客に大きな安心をお届けします。

  十分な事前調査で現場の状況を確認します。

経験豊富なスタッフが直接現場へ赴き、輸送物の高さ、長さ、幅、重さなどを踏まえたうえで道路状況を厳密にチェック。道路の幅や地下埋設物の有無、歩道橋やトンネル等の高さ障害の有無、交通量などの確認・把握はもちろんのこと近隣対策や監督官庁への届け出なども行います。この徹底した事前調査をもとに、安全輸送に万全を期し、結果を基にした顧客への提案を行います。

  あらゆる状況を考慮したシミュレーションで確実な輸送を実現します。

現場視察によって収集した情報をもとに、パソコン等のツールを用いて最適な輸送方法のシミュレーションを行い、綿密な計画を練りあげて軌跡図を作成します。とりわけ監督官庁への届け出が必要なケースでは、必ず緻密な軌跡図を作成し、輸送作業の信頼性を立証。安全で確実な輸送をお約束します。

  輸送物にあわせて車輌を選択します。

宮地が現在保有している車輌は約50輌。この豊富な車輌の中から、輸送物と現場の状況に最もフィットしたものを選択します。車輌そのものはもちろん、積載方法にも工夫を凝らし、あらゆる輸送条件をクリアします。

  常に全国の道路状況を把握しています。

宮地は長年の経験の中から、全国主要道の道幅やトンネル・歩道橋の高さ、カーブや勾配の程度等のデータをストックしています。しかし、道路状況は道路工事や架橋、また自然災害によって日々変化するものです。そこで、宮地では随時新しい情報を蓄積し、確かな状況把握にもとづく最適な経路選択を実践しています。